2009 flight log

11月7日
本日は雷山でフライト。
風は終始サイド気味できれいなリッジ帯は形成されず。
サーマルのタイミングでしたトップアウトできないコンディション。
1本目はトップアウトしたがトップランできず、
2本目は完全にタイミングをはずし、
3本目はまたまたトラブル発生で緊急にランディング。
久々に3本も飛んだ。そして3回も下のランディングに降りるとは・・・。
ランディングはイバラがたくさんで、避けるのが大変。
一回軽く引っかかっただけで、えらい回収が大変。
来年は小さいうちに刈り取ろう。
今年のフライトはこれにて終了となりました。
やっと低下し続けたフライト時間も底になり、
これからしばらくはこのスタイルでのんびりフライトしていきます。

ブローが入ると正面の風。でも実際は再度で上げにくい。でも天気は最高でした。


10月31日
本日は大鰐。
弱いフォローメインの先週と同じ感じ。
一本目はあきらめてぶっ飛び。
先週と同じくソアリングタイムが発生しましたが、
トラブルありで本日のフライトはこれにて終了でした。


10月25日
朝から大鰐は飛べるが、弱いフォローがメインでなかなか
しっかりしたアゲンストは入ってこない・・・。
突然変わるタイプの気象条件かな?と思いながらも
春ほどの日射が北斜面に当たっていないので、
秋はいつもこんな感じの大鰐。
しかし、今日は突然変わりました。
短い時間だったがソアリングタイム発生。
テイクオフで数時間待った結果なんとかそれに乗れて、
若干乗り遅れ気味で短かったが、ほどほど飛べました。




10月24日
本日も明日も朝から良い予報。
学祭があるということで、午前中は大学へ。
学生たちの店に顔を出して、久しぶりに
一人で大学を散策。
もう卒業して10年近く立つので、当時の面影は
建物構造のみかな?と思いながら
うろうろすると、結構変わっていない場所もあって
懐かしく自分の研究室や思い出の講義室をうろついてきました。
13年前に入学時写真を撮った講義室が全く変わらず残っているのには
驚いた・・・。
最後に図書館の近くを通ると、古くなった本が並べられて、無料とのこと。
何気なく専攻の専門書をみると、当時借りた本を発見。
思わず持っていこうかと思ったが・・・、使わないな・・・。
でも久々にまた勉強したくなりました。最近脳が低下気味なので・・・。
そのまま、大鰐へ移動。
予想通りすでに飛んでいる。風も上々の様子。
昼ごろ強くなりそうだったが、出れそうなのでテイクオフ。
しかし、やはり強い。下がらないが移動がほとんどできない。
東がかなり強く、雨池に行くと、神沢へアクセル踏まない帰れない・・・。
飛んでいるとどんどん強くなり、高度によっては若干ホバリング状態。
一人飛ぶには不安になって、早々におりました。
その後は穏やかになったのですが、結局この日はこの一本で終了でした。

大鰐では珍しく紅葉フライトとなりました。この時期は毎年ほとんど飛べないのですが・・・。


大黒森山と東斜面の紅葉が上から見ると結構きれいでした。意外な発見。


10月12日
今年初の雷山。
天気は良い感じ??雲がもくもく発達しては、衰退して晴れての
意外に不安定な天気。
晴れて雲が発達しだすと風速が上がり、しばらくすると弱くなる感じの天気。
タイミング次第では上げれるが、雲の発達具合が判断できず、
衰退気味のタイミングでワンフライト。
ちょっと粘る程度のフライトでした。
その後は風速が上がり終了となりました。

まだちょっと紅葉には早い雷山でした。


10月4日
本日は恒例の田子エリアでのミニ大会へ参加。
しかし、あいにくの天候・・・。
晴れてはいるが、前線目の前の不安定な天気。
開会式後、テイクオフへ向かうが、すぐに雨が降り出し、一時中断。
田子にべこ祭りに行って、田子牛を食べて、
帰ってきたけど状況変わらず。
賞品わけのゲームにて終了となりました。
久しぶりに商品当たり、田子牛も食べれたし、
なかなか楽しめました。


天気はよいが・・・この後急変でした・・・。


田子べこ祭りはたくさんの人でした。なんとかぎりぎり田子牛にありつけました。


9月27日
本日も晴天。予報はフォロー強めだが、
昨日とは違い風が弱い。
早速準備をして1200m岩木山のテイクオフへ。
相変わらずの素晴らしい景色と広大なエリア。
風もフォローのようだが、山を越えてはこないようで
時より入るブローで問題なく飛べそう。
まずはダミーが出てからと、しばし待つ。
昨年は自分がダミーで出て良い思いをしたので、今回も早めの準備で
パラ2番手で準備。
テイクオフは風が弱く、しかも正面と思いきや、すぐ上はかなりのサイドで
立ち上げた瞬間グライダーが横を向く・・・。
修正はできるが、もたつくとこのエリアのテイクオフでは滑走距離が稼げず。
何回も降ろしては上げ直し。安定して滑走距離が得られるまで繰り返す。
やっとぎりぎり出れそうな安定でそれでも足をするぐらいの滑走しかできないのが
きついですね。風が弱いと難しい・・・。
テイクオフして、山頂狙いなのでいつも通り鳥海の壁面を目指すが・・・
予想通り、フォローの風が山際を走っているようで、シンクの渦でした・・・。
早々に山際を離れて、ランディング方面の平地を目指す。
サーマルはあるが、かなりの強風で、風下へぐいぐい流される。
素直に追いかけると、ランディングへ帰れなくなりそうなので
ひっかけながらうろうろ。
基本コアが小さく、上昇率が良くないのでひっかけた程度では上げきれず、
そのままランディング。
すぐに2本目テイクオフへ。
パラの参加者はほとんどテイクオフして、スカイライン上空をぶっ飛んでいく・・・。
上がらないようです。
テイクオフに到着して、どのタイミングで出るか悩んでいるも、一向にサーマルは活発だが
上がりきらず。
風も強くなってきたので、2本目テイクオフ。
今度は風も上々で楽々。
テイクオフ前は条件が良く垂直上昇でバックするくらいの風。
しかし鳥海のラインはやはりフォローの影響かものすごい荒れよう。
そのまま何もすることなくランディングへ。
一本目より何もなく、ぶっ飛びでした。
ハングもたくさんでしたが、やはり一日中上昇は弱く、結局クロカンはなし。
みんな距離を稼ぐために一直線フライトでフライト時間が短いが
山頂狙いの私は相変わらずフライト時間が長く、順位は下のほうでした。
今年もなんとか岩木山飛べました。この山はほんといつも緊張します。
山頂はまた来年ですね。

天気も紅葉も最高!!今年は賞金レースもあるということで、県内外からの参加者多数。
半分くらいはハングでした。


今年はフォローがきつく山には近づけませんでした。
山頂は遠いです。気長に攻めます。


9月26日
毎年恒例の岩木山の大会へ参加。
今年は賞金のかかった大会になっていたが、
毎回岩木山は山頂目標なのと、年々フライト本数と時間の減少で
余裕がないので、フリーフライトのつもりで県選手権のみのエントリーで参加。
初日は晴天だが、フォローの強風。
お昼をいただいてそのまま大鰐へ。
大鰐も強風だが、方向はOKで立ち上げ練習で運動でした。
夕方飛ぶチャンスがあったが、東風が強そうなのでドライバーで終了でした。


9月6日
今年初の2日連続のフライト日和っと思いきや・・・
飛べた、風は無風弱フォローといった感じで、
一本飛んでランディングでまったりでした。


9月5日
今年初??ってくらい週末の晴天。
大鰐へ。
あまりに日差しがあり、しかもちょっと寒気が入っているようで、昼ごろ飛んでみると
荒れ気味。そんなにひどく荒れてはいないが
高度が稼げず、上げ下げが大きいのと、どうも本日朝から体調がよくないのが
重なったか、久々に酔って降りる。
風が落ち着くまでしばしグラハン。
夕方16:00から飛んだのが久々によかった。
この時間にかかわらず+600mの高度1000m超え。
あじゃらに行けそうで行けず、ゆったりあちこち飛んで
ランディング。久々のアワーフライトでした。

16:00過ぎから雲底まで行けちゃいました。


今年はまだ一回?しか行ってなかったような、遠いあじゃら山頂です。


結婚式やってました。


8月30日
雲が多めのコンディションだが風は上々。
大鰐へ。
非常に飛びやすいコンディションでゆったりフライトでした。
相変わらずあまり上がりませんでした。

曇りベースですが、穏やかな上昇がたくさんでゆったりフライトでした。


8月14日
ほどほどの天気で大鰐へ。
夏休みで飛べるのは今日のみ。
雲が多めで、吸い上げが気になり、タイミングを外し気味に飛んだら
久々にぶっ飛びでした。

雲が多め、吸い上げを避けたらぶっ飛んでしまった・・・。


8月8日
先週とほぼ同等のコンディション。
上がらずテイクオフレベルのフライトでした。

このくらいしか上がりません。夏ですね。


8月1日
大鰐の夏らしい渋いコンディション。
サーマルはいっぱいだが、弱く、上がらない。
テイクオフレベルで終了でした。


7月5日
大鰐でフォローメインで河川敷で立ち上げ、河川敷の風がなくなったので、
大鰐へ行ったがまだフォロー。
夕方まで待って風が落ちた時にぶっ飛び一本でした。


6月21日
雨の予報がなぜか晴れ。
午前中は仕事をこなして、午後大鰐へ。
しかし、時遅く、雲が発達の吸い上げコンディション。
飛べないことないが、この前のこともあり、吸い上げはしばらくこりごり。
立ち上げをみっちりやって終了となりました。


6月20日
予報はよかったが、大鰐だけなぜかフォロー。
ランディングや練習バーンは辛うじてアゲンスト。
テイクオフは完全フォローで結局夕方風が落ちる寸前にフライト。
ちょっと出遅れて、フォローベースの中、一瞬の風が止まったタイミングで
テイクオフ。
完全なぶっ飛びでした。


6月14日
1か月ぶりにフライトできそうなコンディション。
大鰐へ。
昼前到着で、すぐにテイクオフへ。
風はちょうど良い感じ。
雲が多めで日差しは少なく、粘れるかな?
っと思いながら遅めに準備してテイクオフ。
風が弱いのでサーマルブローのタイミングで飛び出そうとするが、
立ち上げて振り返る瞬間、グライダーがちょっと走る。
止めようとちょっと戻ろうとするとバランスを崩してそのまま
浮いてしまう・・・。降ろそうにも後ろ向きで浮いているので
高度がわからず、このまま出るのも怖いので、
そのままグライダーを横の木へ引っかけてストップ。
回収のプロがいたので、すぐに回収終了。特にグライダーに損傷なく
ひと安心。
しかし、自分では止めれるタイミングと操作をしたつもりですが
それがまったく合っていない感じ。
飛ぶ時間が減るとこのようなことが起こってくるのかと
改めて認識、勉強になりました。
今は1ヵ月以上も間が開いたら立ち上げからかな?
一通りラインとグライダーをチェックして再度テイクオフ。
すでにコンディションは曇りベースながら上々。
あまり上がらないが穏やかな上昇でしばし楽しむ。
ワンサーマル大きいのを引っかけて、+300mで津軽平野の方に目を向けると・・・
雨のラインが・・・。
即効で翼端を折って、アクセル全開で山から離れる。
コースが悪かったのか、ずっと吸い上げで翼端折ってフルアクセルでも
結局さらに+100も上がって、とうとう雲底近く・・・。
やばい・・・スパイラル必要??
風もどんどん強くなり、スパイラルはまずい・・・。
するとやっと上昇帯から外れたらしく、順調に下降しだす。
茶臼山上空に到達するとものすごい荒れよう、翼端折り解放ですぐに離脱。
山の方はよいよ吸い上げピークでみんな止まっている。
これはランディングは大荒れで同時侵入も予想される。
このまま河川敷まで飛んで降りようと方針決定。
移動を開始するが、大鰐町の出口の吹き抜けポイントでバックし始める。
出れない・・・、とても河川敷には行けない・・・。
バックしながら下を見ると、小学校や中学校のグランドは降りれそうだが、
人がいるし、風下方向に学校の建物があり、強風で降りるには危険そう・・・。
高度的にメインランディングももう無理。
もうこうなったら後方の畑でも田んぼでも安全に降ろせそうなポイントを探そうと
振り返った瞬間、あった!!
ハングがたまにランディングしている、空地の緊急ラン!!
すぐにその上空へ移動。
でも、風下に回りすぎて、しかもバックしている・・・
やばい、届かない・・・、でも風は安定しているのでアクセル全開で何とか伸ばす。
空地の端ぎりぎりに何とか到達、最後はややバックしている状態で、
グライダーに引きずられないように、Bストールで無事ランディング。
冷や汗もののフライトでした。
結局発達した雲は降ることなく収束。降りた後はすぐに風は落ち着きました。
この苦労は一体・・・。
後で話を聞くとやはりランディングは大荒れでひどい状態だったとか。
この緊急ラン、風は安定していて降りやすいが、吹き抜けポイントだから
使い方を考えないといけないな。

このあとひどい吸い上げでした・・・。


5月6日
連休は連日風が悪く、この日が飛べると準備をしていたが、
なぜか前日夕方から風邪をぶり返したらしく39℃の熱・・・。
何とか薬でしのいで、朝は熱が下がったので大鰐へ。
体調が十分ではないので様子を見てからフライト判断しようと、まずは
ランディングで雑談。
しかし、風はやはり良いようで、飛ぶことに。
テイクオフに到着すると結構強めの風がしっかりと入っていて、あじゃらは楽勝な感じ。
時間がサーマルピークなだけに結構強弱のある風と、ランディングは
荒れているとの報告。
飛んだら2時間コースになりそうで迷ったが、風が落ち着くタイミングでランディングを狙い、
とりあえずテイクオフ。
強めの割にはそんなに極端に荒れてはなく、すぐに上げて東斜面を目指す。
しかし、本流は予想通り東らしく、東斜面につくまでの道のりは荒れ荒れ。
アクセルを使わず、ゆっくり東側に回りこみ、そのまま山頂まで流す。
先行していた、A氏があじゃらで上げてそのままクロカンへとのこと。
それを見送り、あじゃら山頂にて上げれるだけ上げる。
1300mくらいから南風になっているようで津軽平野方面へ流しながら上げれること1500m!
これならいけるとそのままグライド開始。
焼却場くらいはいけるかな?な感じでGPSのGoToをスタートさせようとするが、ポイントがない・・・。
データを入れ忘れていました。完全な準備不足。
距離がいまいちわからない状態で
ところどころ弱いサーマルで高度をわずかに上げなおし、
いつもの立ち上げしている7号河川敷が楽に越えれる感じに。
さてどこに行く・・・。この先は飛んだことがないのでGPSのポイントがないと
いまいち空からでは目標物が確認できない・・・。
そうこうしているうちに7号河川敷到着。
やはりこの河川敷の駐車場はサーマルが出ているようで
それで上げようとセンタリングするとものすごい勢いで西に流される・・・。
東の強風が入ってきたようで、結構強い。
このまま北西側に延ばせるが、あと降りれそうなポイントは田んぼか今回降りたポイントのみ。
飛んでいる上空もすでにどのへんか判断できず、田んぼはまだ水が入っていないが、
周囲の電線が見えないので、ぎりぎりまで伸ばすのは怖い。
風が強くても余裕で降りれる今回のポイントにランディングすることを決定。
その上空へグライド開始。
到着時点で残り400m。伸ばせばもっと行けたが無理せず高度処理してランディング。
最後はバックしそうなくらいの強風で、広い所を狙ったのは正解でした。
降りるまでわからなかったが冬の雪捨て場のようで、広い原っぱでした。
約10kmのミニクロカンですが、大鰐では平野方向に距離を延ばすのが難しいので結構な距離です。
目標の学園町はあと2kmほどでした。
今回の風なら、GPSのポイントがあればおそらく行けたと思いますが、次回に持ち越しです。
しっかり準備して、余裕のフライトで次回はチャレンジします。

本日のあじゃら山頂、すっかり雪も解けました。相変わらず南東斜面からのサーマルは
強力で本日1500m雲底でした。


1500mからの津軽平野です。この方向にまっすぐ飛んで行きました。


途中、7号トンネル付近の例のポイントでちょっと上げなおし。


中央焼却場、今回は十分な高度で通過。


振り返ってみると、大鰐がだいぶ遠くなっていました。


中央にいつも立ち上げ練習をしている7号線沿いの河川敷公園が見えます。
当初ここに降りるつもりでしたがまだ行けそうなのでその先を目指します。


弘前、岩木山方面です。この先に行きたかったのですが、町はやはり上空からだと
目標物の識別が難しい。ポイントなしでは行けませんでした。


4月11日
予報は北風。
この時期の本流北は強いので、夕方狙いで遅めに大鰐へ。
昼ぐらいに到着、まずは立ち上げで2時間ほど慣らしてから
15時くらいにテイクオフへ。
風は上々。雨池からテイクオフしようとするが、
広げていると何やら風が変わったようで、結構強めになる。
間をみてテイクオフするが全域強めで荒れ荒れ。
もう16時になろうとするのに+400は上がる。
ランディングは危なそうなので、とりあえず風が落ちるまで飛ぶことに。
あじゃらに行こうと東斜面に行くが、さすがにこの時間帯は東側に日が当っておらず
まったく上がらず。
茶臼山付近まで行って、風が落ちてきたところでランディング。
今年初フライトにしてはちょっと荒れ気味できつかったが、
これで今年のフライトスタートです。

あじゃら方面はまだ雪が沢山。


神沢へもまだ雪でいけませんでした。


来週には溶けるかな?

4月4日
今年の初フライトではなく、体慣らし。
風が強いのはわかっているので午前中をめどに河川敷で立ち上げ。
2時間ほど体を慣らして終了。
これで今年も準備完了です。